抜きなしのお店の楽しみ方

2021年12月6日

回春マッサージのお店の中には抜きなしのお店も存在します。抜きがあるかどうかを事前に見分けるのは大変です。そのため、利用して初めて抜きなしであることに気がつくというケースもあります。そこで、抜きなしのお店の楽しみ方について紹介しましょう。

抜きなしのマッサージの流れ

抜きなしのマッサージを利用する場合は、基本的に流れは抜きありと共通しています。最後に抜きのサービスがあるかどうかが違うだけだからです。そのため、最後以外はサービスを提供する流れが共通しています。

まずはシャワーを浴びることになります。抜きなしのお店の場合は、自分でシャワーを浴びるか、それとも洗ってもらえるか2つのパターンがあります。基本的には自分でシャワーを浴びなければいけないケースが多いです。シャワーで洗ってもらえる場合でも、男性器のみは自分で洗わないといけないこともあります。

シャワーを浴びた後、抜きなしのお店の場合は紙パンツを履かなければいけない場合が多いです。あくまでも抜きなしのお店はエッチなマッサージではなく普通のマッサージを提供しているという建前があります。そのため、紙パンツを履かされるのです。

その後は、まずうつ伏せになってマッサージを受けます。このときに抜きなしのお店であっても股間の際どい部分を刺激してくれることはあります。その後、仰向けになってマッサージを行います。抜きなしの場合は最終的に抜いてくれることはないため、仰向けでマッサージをして時間がくればそのままマッサージは終了するのです。その後はシャワーを浴びて退店します。

抜きなしのマッサージの楽しみ方

抜きなしのマッサージを利用する場合は、純粋にマッサージを楽しむと良いでしょう。回春マッサージ店の場合は、抜きなしのお店でも際どい部分を触ってくれることが多いです。もう少しで男性器に触れそうなギリギリの部分を狙ってマッサージしてくれます。そのような状況に興奮して気持ちよさを感じる人は多いのではないでしょうか。

抜きなしのお店の場合は純粋に心身の疲れを癒すためにマッサージを受けることもできます。体の疲れを感じている部分を重点的にマッサージしてもらうと良いでしょう。そうすれば抜きなしのお店であっても十分に満足することができます。

また、抜きなしのマッサージ店でも露出のある衣装を着てくれるケースがあります。中には水着などを着用してマッサージしてくれるお店もあるのです。エッチな衣装を着て、際どい部分の露出を楽しみながらマッサージを受けることができます

抜きなしのお店でも自分でオナニーすることは認めてくれるケースがあります。際どい部分を刺激されて興奮した場合は、そのまま抜かずに帰るのは気持ちが収まらないものです。そこでオナニーをして抜くことでスッキリできます。エステ嬢に見られながらオナニーをすれば興奮できるでしょう。ただし、オナニーをする場合はあらかじめ許可をもらいましょう。勝手にオナニーを始めてはトラブルになることもあるからです。

抜きなしのマッサージを受ける際の注意点

抜きなしのマッサージのお店は基本的にタッチが禁止されているケースがあります。もちろん、お店やエステ嬢によっては許容してくれることもあるのですがケースバイケースです。そのため、抜きなしのお店ではいきなりタッチするのではなく、事前にタッチがOKかどうか聞いておくと良いでしょう。いきなり触ってしまうとトラブルになる可能性があります。

抜きなしのマッサージ店で抜く行為を強要するのはやめましょう。お店が抜く行為をプレイに含んでいないのであれば、強要するのはルール違反になります。あまりにもしつこく抜くことを強いてしまうとサービスが中断されてしまうでしょう。最悪の場合はお店のブラックリスト入りする可能性や警察に通報されることもあります。抜きなしのお店だと知らずに利用した場合でも、抜きなしであるとわかった時点で、そのお店で抜いてもらうことは残念ながら諦めなければいけません。

    回春マッサージとは全身の血行を良くし性感帯を刺激することで男性の性機能の回復や増強を目的として行われるマッサージの事です。近年では回春マッサージから性感マッサージまでをセットで行ってくれるお店も増えてきました。
    気になるお店はから探してみてください。

    風俗エステの総合情報 - エステドゥロア