ランジェリーパブ

2018年9月10日

ランジェリーパブとは下着姿で接客をしてくれる店です。店のサービス内容的にはキャバクラに近く、基本的には性的なサービスはありません。ランジェリーパブはランパブと略され親しまれています。

働いている女の子はキャバクラ嬢並の容姿でありながらブラジャーやパンティ姿で接客をしてくれるところが魅力です。
セクキャバと混同されることもありますが実はまったく違うジャンルになります。セクキャバでは軽いタッチはOKですが、ランジェリーパブでは働いている女の子へのお触りは禁止です。
万が一にもいやらしくお触りしてしまった場合にはスタッフへの通報、最悪の場合は店への出禁になる可能性も。

ランジェリーパブは接客型の水商売なので深夜1時には完全閉店となります。

ランジェリーパブで遊ぶ時はセット料金をチェック!60分で6,000円~8,000円くらいで遊ぶことが出来ます。もちろんセット料金が無い店もあるので、事前に確認をしましょう。
セット料金がない場合は女の子のドリンク代などもこちら持ちになるので気持ち多めに手持ちを用意しておいた方がいいかもしれません。

ランジェリーパブのサービス内容

ランジェリーパブではブラとパンティだけのセクシーな格好をした女の子が隣に座ってお喋りしたり一緒にお酒を飲んだりしてくれる店です。

ほぼキャバクラと同じシステムなので、働く女の子は見た目が重視されます。顔立ちが良い子やスタイルが良い子などが多数在籍しているので、視覚的に十分楽しむことが出来るでしょう。
気に入った女の子がいれば同伴やアフターに誘う事も出来ます。

たくさんお金を落とす太客だと思ってもらえれば女の子からの密着サービスや親密な雰囲気を醸し出してもらえるかも。客側からのお触りは禁止ですが、女の子から触る分には問題ありません。