ハプニングバー

2018年10月26日

ハプニングバーとは様々な性癖の人が集まる会員制のバーのことです。そこで性癖について話したりコミュニケーションを取る事が出来ます。
厳密に言えば風俗ではありません。あくまでも店はバーとしてお客さん同士の出会いの場を提供しているだけです。
話が盛り上がった結果として性的なことをする可能性もありますが、あくまでもお客さんが勝手にしている行為であり、店がさせているわけではないというスタンスです。つまりエッチなことをするのは”ハプニング”ということです。

店で知り合った同士で同意があれば行為をすることが出来ますが、逆に誘っても断られた場合はハプニングが起こらない可能性も充分にあり得ます。
ハプニングバーでは同性愛やSM、スワッピングなどマイノリティと言われる性癖を隠すことなく楽しめる場として人気があります。

料金は男性のみ、女性のみ、カップルで異なります
会員制なので初回は入会金が必要です。入会金の大体の目安としては男性5000円前後、女性無料~1000円、カップル2000円~5000円くらいです。
入店料は男性12000円前後、女性1000円前後、カップル5000円~10000円くらいが相場です。
入会金+入店料となるので初めての店の場合は最初にいくら必要なのかのチェックを忘れずに。

ランジェリーパブのサービス内容

ハプニングバーは店からのサービスは飲み物と場所の提供くらいです。あとはお客さん同士の間で好きにしてくださいという感じになります。
季節などによってはイベントが開催されることもありますが、女性を用意してくれるというようなことはありません。店から提供されるエッチなサービスは皆無と言っていいでしょう。

店で良いなと思う子がいれば自分から話しかけるなどして積極的に仲良くなって関係を作る必要があります。
カップルで来ている人も少なくないので、女性ばかりでなく男性とも話をしてみると新しい遊びを体験することが出来る可能性も。

誰と何が起こるかわからないのがハプニングバーの魅力です。
せっかくのハプニングバー、少しくらい大胆になった方が楽しめるのではないでしょうか。